タフな人はタフな人のやり方で

仕事が休みだった恋人と定食屋に行った帰り、体重を測ったら過去最高記録を叩き出してしまった。身長165センチで、ついに60キロの大台に乗った。

書いてみると、決して太り過ぎといえる体重ではないのだろう。というか、もとが瘦せ型のため数字上では標準的とも言える。しかし自分はとにかく筋肉量が少ない(多分)ので、一般的な成人男性に比べると脂肪が多くを占めてこの数字だと思うし、ろくに運動をしているわけでもないのに3年前から比べると7〜8キロ近く増えている。何より実感としての変化がかなり大きい。ふと触った時の自分の腕や肩がやわらかいし、ウエストもきつくなってきている。そして顕著に顔が丸くなっている…。

過去に今と同じくらい太っていたのは、社会人になって1年目の頃。毎日終電間際まで働いていて、帰ってから夕飯を食べる生活だったこと、デスクワークになり運動量が激減したことが、太る要因だったと思う。その時も60キロ近くまで行ったのだが、胃腸風邪になって3日くらいろくに食事ができなかったせいで一気に体重が落ちた。その楽して成功した経験があるせいで「いざとなったら胃腸風邪になれば痩せられる」というギャンブル思考が染み付いていて、痩せたいと思いながらろくに行動は起こさず今日まで健康にすくすくと育ってしまったのだった。

しかしもう、そんないつ訪れるともしれない胃腸風邪に思いを馳せている場合ではないのだろう。インフルエンザにもノロウイルスにも罹らなかったし、先日腐った牛乳を飲んでしまった時も半日で治った。タフなのだ。タフな人はタフな人のやり方で、前に進まなくてはならない。

 

ということで、痩せるために日々のダイエットの記録を定期的に書いていこうと思う。ダイエットブログにするつもりはないので、基本的にはいつも通りだけど、なんか宣言しとくと続けられそうな気がするし。あと、自分は背が低いとか、そういう体つきに関するコンプレックスがけっこう強く、「身体性」をキーワードに自分自身について探りたいと思っていたので、ネタになりそう。まあ具体的に「週3走るぞ!」とかは言うと逆に続かないので、ひとまずからだについて常に意識することからはじめよう、という話。タフなんだかやわなんだかわからないけど、自分なりに続けてみようと思います。