読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90万の瞳

恋人と金曜から二泊三日で、岡山にある恋人のお母さんの家に遊びに行った。ずっと「岡山に遊びにきて」と言ってくれていたし、本人も楽しみにしてくれていたようで、いろいろなところを案内してくれた。どの場所もすごく良かったのだけど、それ以上に恋人とお母さんがとても仲が良くて、その会話を聞いているのが楽しかった。

出発時にかかっていたBGMが、90年代ヒット曲をセミプロの人たちがカバーしてダンスミックス的につなげたものだったのだけど、GLAYがかかると恋人がうわ、懐かし〜と声をあげる。お母さんも運転しながら「お兄ちゃん(恋人のこと)と行ったライブを最前列で見たのは忘れられんわ」と話す。彼が昔GLAYを好きだったことは知っていたが、お母さんと行っていたとは。自分はお母さんとライブに行ったことってないなあ。映画も小学校の頃に「ハリーポッターと秘密の部屋」を見た記憶があるくらいだ。

そのあと、いきなり恋人が「お母さん、90万の目になるんだって」と言ったので、なんのことかと思ったら白内障の手術費用のことだった。目の一部を人工的なレンズに入れ替えるとかなんとかで、保険が適用されるため実質的な支払いはないらしく、お母さんも「そう。片目45万」と嬉しそうだ。「2億4000万の瞳」(郷ひろみ)みたいな言い方だった。そのあと恋人が手術のことをあれこれと聞き、局所麻酔であること、痛みこそないが目にメスなどの医療器具が近づいてくるのがわかって死ぬほどこわいのではないかということ、などに話が及び、全員若干引き気味で目的地に着いた。

 

倉敷の美観地区、児島の野崎家旧宅、ジーンズストリート、瀬戸大橋が見渡せる鷲羽山の展望台など、いろんなところに連れて行ってもらった。最後は、恋人が見たいと言っていた水島地区の工場夜景を見に行く。撮影スポットがあるらしく、街灯もない山道をぐんぐん登っていく。車もほとんど通らず、本当にこんなところが?と思った途端、木々の隙間からきらきらと輝く景色が見えた。恋人と二人して歓声をあげた。さらに少し登ったところが夜景スポットで、車を降りて三人で見た。あとから知ったのだが、日本の夜景100選にも選ばれているそう。オレンジ色の光と白色の光が岡山平野に散りばめられ、頭上には星も輝いている。写真を撮ってみると案外ちゃんと星も写る。三脚を持ってくればよかった。
お母さんは少し夜景を見た後、寒いので先に車に戻っていた。恋人と二人で「夜景もすごかったけど星が綺麗だった」と興奮気味に話すと、お母さんは目が悪くて星は見えないと残念そう。恋人は間髪入れずに「半年後には90万の目になるから大丈夫!」と言っていた。夢がある、90万の瞳。

 

岡山平野の夜景がすごくて満たされてしまったが、よく考えたら当初の予定は工場夜景なのだった。工場は遠くになんとなく煙があがっているのがわかるくらいで、全然見えない。その後もっとコンビナートに近いところに行こうと試行錯誤するも、道がわからず結局断念することになった。道を間違えたのでその場で転回したら、間違ってなかったらしくもう一度転回して結局その場で無意味に360度回転しただけになったり、かなり頑張ってもらったのだけどたどり着けなかった。これには恋人よりもお母さんが悔しそう。一度家に帰り、近所にお好み焼きを食べに行く時も待ち時間に懸命に地図を見ていた。

それを見ながら、自分だったら、母親に運転してもらっていて、道に迷った時に二回も転回してもらうことができるだろうか、と考える。できると思うけど、もっと申し訳ない頼み方になってしまう気がする。中学高校で散々迷惑をかけたせいで、小さなことも含めて迷惑をかけることに抵抗がある。その迷惑のかけ方というのも、自分が感情の起伏がやたら激しかったことによるものだったので、母親が自分のマイナスな感情に過剰に反応するようになってしまった気がする。今となっては仲が悪いわけではないし、定期的に帰ってもいるのだけど、「ありがとう」と「ごめんなさい」しかなくて、その間の日常が薄いかもしれない。もっと一緒に過ごす時間を増やそうと思った。いつ、何があるかわからないのだから。

 

家に帰ったら、お好み焼き屋で話題に上った恋人の部屋が掲載されている10年くらい前のインテリア雑誌を三人で見た。見出しには本人による部屋のテーマが掲げられていて、曰く「白で統一したパリのアトリエ部屋」。しかし実際は「◯◯荘」みたいな名前の築50年近い物件だそうで、取材班が来たときは絶句されたという。さらにプロフィールの名前がカタカナ。回し読みしながら爆笑した。恋人はこういうことを黒歴史化せずに、笑い話にできるのが健康的でとても好きだなと思うし、マジで爆笑した。ほんと笑ってばかりの1日でした。

f:id:sakintori:20170423203543j:plain