あるひどいこと、友人たちに救われたこと

先週末は本当にひどいことが起きて、食事ができない、睡眠ができないという精神状態にまで追い込まれた。気分が重くて涙が延々流れてくることはこれまでにもあったのだけど、涙がうまく出てこない。泣くとストレス物質が涙になって排出されるそうで、自分は…

松岡茉優主演『勝手にふるえてろ』感想

松岡茉優が歌う!泣く!叫ぶ!映画『勝手にふるえてろ』予告映像 松岡茉優さんの演技をすべて見ているわけではないのだけど、印象に残っているものを聞かれたらドラマ「問題のあるレストラン」の雨木千佳役、そして映画『ちはやふる』の若宮詩暢を挙げる。雨…

僕たちが絡め取られている文脈の危うさについて

金曜日、朝からSkypeである職人の女性に取材をした。 その人は現在、地方に移住して現在見習いとして仕事をしている人で、職人の見習いながら一般的な会社員に近い雇用形態で働いている。「自分が作りたい作品はこれだ」と強く思った会社が、たまたまそうい…

Twitterのハッシュタグでよくある「いいねしてくれた人に◯◯」というのが苦手だ。◯◯の中には「動物にたとえる」とか「本音を言う」とかが入るのだけど、どういう距離感の人ならいいねしていいのかがわからなくて考え込んでしまう。まだ親しくない人だったら「…

2017/12/30 でんぱ組.inc『ねぇもう一回きいて?宇宙を救うのはやっぱり、でんぱ組.inc!』大阪城ホール感想

でんぱ組.incの『ねぇもう一回きいて?宇宙を救うのはやっぱり、でんぱ組.inc!』を見た。会場は大阪で、遠征なんてしたことなかったけれど、ライブが発表されて行かない、という選択肢は自分の中にはなかったように思う。はっきりとは明かされないけれど、…

さりげなく週2回更新を目標にしていたのだけど、そうと決めてから3週間目で一回も書かない週ができてしまった。悔しい。悔しいが、まあ仕方ない、と思ってもいる。人生ではじめての出張だったのだ。旅行雑誌の取材だったのだけど、朝も早かったし、夜は同行…

金曜日、原稿を二本書き終え、家で本を読んでいると恋人が帰ってきて、今日のことを楽しそうに話してくれる。会社の忘年会があり、先週末に買った一眼カメラを持って行ったらみんなにすごく喜ばれたこと、忘年会で出た食べ物がおいしかったこと、この1年間の…

宇多田ヒカルの楽曲がサブスクリプションで配信開始されたので、新曲「あなた」と合わせてこの週末はよく聴いた。「はじめての宇多田ヒカル」のようなApple Music恒例のプレイリストや、Twitterなどで友人たちが好きな曲をシェアしているのを見ると、新しい…

焼き付けたからもうそれだけで胸がいっぱい、と思った記憶でも、記録が残っていたらやっぱり見てしまう。でも、それにどう向き合うのが正しいのだろう。Amazonから届いた『Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days ~一の巻×二の巻~』を手に取り…

気付けば3ヶ月近く放置してしまった。短くてもいいからきちんと更新し続けよう、と思ってはじめるのに、結局肩に力が入ってしまって書く頻度が落ちてしまう。だけどまったく書いていないわけではなくて、Evernoteには毎日日記を書いているし(数日分まとめて…

Family Regained

9月9日夕方、ギャラリーのKEN NAKAHASHIで森栄喜さんの個展を見る。家族というテーマで友人や恋人同士、夫婦などを、それぞれの家で、赤いフィルターを通して撮影した写真たち。 赤って刺激的な色だけど、この写真群は透き通っていて、見ていて静かな気持ち…

ドンキホーテの歌のように

今日も仕事帰りに交差点で(生きてるってなんなんだろう)と思った。いつの間にか、お腹がすいたとか、雨が降りそうとか、そういうものと同じ階層で、ごく自然にそんなことを思うようになった。そこから考えが膨らむこともあれば、問いだけが繰り返されて一…

家探し、男ふたり 1

「ゲイカップルが関係を隠しながら家探しをするのってもどかしい!」ということをTwitterで書いたら微妙にたくさんふぁぼられた。昨日はリツイートをまったくされていないのに全然知らない人からふぁぼられることが他にもあって、相変わらずTwitter社のアル…

住民税が高すぎて今月は完全に赤字なのだけど、今年の夏はやっぱり開襟シャツを着なくては、そう思って土曜日は渋谷をぶらついていた。普段あまり着ることがない暖色系のものがほしくて探していたら、たまたま入った店で薄いピンクのシャツを見つけた。ピン…

電話越しに泣く母を、うまく慰めることができなかった。不器用なので髪をセットするのは苦手だけど、今日はちょっとうまくできた。打ち合わせではお仕事をいただき、2つもらった話のうち1つは過去に一度取材をしたことがある人の取材、もう1つも以前から気に…

今週は月曜の朝からほとんどの人間が経験しないようなハードな体験をしてしまい、そのショックを引きずっていたのだけどとりあえず想像していたような大事にはならなそうでようやく安心した。 今年は後厄でハードボイルドなことが次々起きているのだけど、そ…

金麦と待ってる

金麦の「幸せの、あいあい皿。今年もお届け。」キャンペーンを頑張っている。金麦1缶につき1枚ついているシールを48枚集めると、応募者全員に2枚セットのお皿が当たるというもの。 「山崎春のパン祭り」はシール24枚で皿1枚なので、キャンペーンとしては順当…

星野源『MUSIC VIDEO TOUR 2010-2017』

星野 源 ‐ Music Video Tour 2010-2017【Blu-ray&DVD Trailer】 土曜日の夜、星野源『MUSIC VIDEO TOUR 2010-2017』を恋人の家で鑑賞。 まず、こうしてちゃんと編集・構成されたMV集ってなかったよなーと思う。ちょっとMTVとかSSTVとかがやるアーティスト特…

2017/5/14 D.A.N. ONEMAN TOUR "TEMPEST"@恵比寿リキッドルーム

D.A.N. - SSWB (Official Video) 代官山で一件取材をしたあと、友達とD.A.N.のライブを見た。快晴というには雲があったけれど、その分陽射しが穏やかな日で、リキッドルームまで歩いたので少し汗ばんでいた。ビールを飲みながら開演を待つ。チケットはソール…

バイオリズムと挑戦 草間彌生「わが永遠の魂」国立新美術館

日曜の夕方、国立新美術館で草間彌生「わが永遠の魂」展へ行った。連休最終日の夕方という、人の少なそうな時間帯を狙って行ったところ、やはり空いていた。今日たまたま国立新美術館の前を通りがかったらチケット売り場には傘をさした人の行列ができていて…

うつには運動が良いから走れ、と言われても

GW明けから今日までの2日間、仕事がほとんど手につかなかった。特に今日が厳しく、書きたかった原稿や取材の電話などがまったくできず、今日が締め切りの一番小さなタスクをこなしたくらい。まあそりゃそうか、とも思う。父が亡くなってまだ一週間だし、自分…

2日に父が亡くなり、通夜や葬儀をしているうちにゴールデンウィークが終わってしまった。4月の中旬に「余命三ヶ月」と聞かされた時、短すぎると思ったのに、現実は半月も持たなかった。 先月の今頃は、無理を押しながらも仕事に行っていたのだ。本人は最後の…

やさしさのようで

「本当の気持ちを教えてほしい」という言葉はやさしいようで残酷だ。自分の本当の気持ちは「傷付けたくない」。何か感じていることがあっても、それよりもずっと強くそう思っているから黙っているのに、その方法を選べなくなる。 でも、黙っているだけで人を…

90万の瞳

恋人と金曜から二泊三日で、岡山にある恋人のお母さんの家に遊びに行った。ずっと「岡山に遊びにきて」と言ってくれていたし、本人も楽しみにしてくれていたようで、いろいろなところを案内してくれた。どの場所もすごく良かったのだけど、それ以上に恋人と…

目抜き通り

GINZA SIXスペシャルムービー「メインストリート」篇 最近の椎名林檎の活動はスケールが大きくて見ていてわくわくするなあ。銀座SIXのテーマソングというのも素晴らしい。これまで歌詞に歌舞伎町や伊勢丹を歌い込んだ彼女が、現実の商業施設のために歌を書き…

父親について思い出す時

父親について思い出す時、条件反射のように浮かぶのはアルコールで顔を真っ赤にして暴れている姿だ。そんな風にして暴れることは自分が大学生になる頃にはほとんどなくなっていたから、もう7、8年は見ていないことになるのだけど、幼少期の記憶というのは凄…

YUKI『まばたき』

仕事から帰宅後、環七沿いをランニング。嵐のような雨風が吹いていた昼間とは一転、風はなく、大きな月が出ていた。雨上がりの東京はアスファルトが街路灯を反射して暗いのに眩しく、今日は濡れた桜の花びらがそれを彩っている。 走っている間、先月出たYUKI…

2017/4/7

ある打ち合わせで、自分にウェブライティングの実績があまりないことを言及され、少し言葉に詰まった。ウェブで執筆することももちろんあるのだけど、僕が主にやっているのは比較的硬い文体のもの。たとえばライターが一番最初に自分の名前を名乗ったり、主…

砂金の日々

「かすかなひかり」という意味の題のブログを昔やっていた。最近は放置状態なので、フリーのライターとしても仕事をはじめたことだし、新しくブログをはじめよう、そう思ってタイトルを考えていたら、出てきたキーワードが「砂金」だった。実物を見た記憶は…